2015年06月24日

外山磁比古「忘れる力」

2015.6.24(水)

63.外山磁比彦「忘れる力

ベストセラー『思考の整理学』の著者が贈る、“こころの散歩”と“あたまの寄り道”のススメ。書きおろしの表題作含む珠玉のエッセイ27編を収録。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)外山/滋比古
1923年愛知県生まれ。47年東京文理科大学英文科卒業。同大学特別研究生修了。51年より雑誌「英語青年」(現・web英語青年)編集長。その後、東京教育大学助教授、お茶の水女子大学教授を務め、89年に同大名誉教授。専門の英文学に始まり、読書論、思考、日本語論などの分野で独創的な仕事を続けている。86年刊行の『思考の整理学』が、近年になって再び脚光を浴び、ベストセラーとなった。文学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)Amazon.co.jp: 「忘れる」力: 外山 滋比古: 本

外山滋比古(とやま しげひこ、1923年11月3日 - )は、日本の英文学者、言語学者、評論家、エッセイスト。文学博士である。全日本家庭教育研究会元総裁。外山家は法海山龍護院妙光寺の旧檀家である
専門の英文学をはじめ、言語学、修辞学、教育論、意味論、ジャーナリズム論など広範な分野を研究し多数の評論を発表した。長年、幼児・子供に対する“ことば”による情操教育・知育の重要性を提唱してきた。

『修辞的残像』、『近代読者論』で文学における読者方法論を説き、『シェイクスピアと近代』で発展的実践を示した。また、従来否定的に扱われてきた異本の意義に着目し、その積極的機能を考察し「異本論」から「古典論」へと進展させた。その他、日本語に関する著書『日本語の論理』や俳句に関する著書『省略の文学』『俳句的』などの評論を多数発表した。国語教科書や各種入試問題の頻出著者としても有名。「今日に至るまで外国の土は踏んでい」ないという(朝日新聞2011年5月10日夕刊)。
外山滋比古 - Wikipedia
posted by りょうまま at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

小池栄子が結婚秘話を出版

先月、先月にプロレスラーの坂田亘(34)さんと5年のお付き合いを経て結婚した小池栄子(26)さんが、エッセイ集を出版することになり、29日に東京・銀座の福家書店で初エッセー「小池の胸のうち」の出版記念イベントを行ったそうです。

小池栄子さんは 独身時代から、先月にプロレスラーの坂田亘さんと結婚するまでの秘話をつづり「等身大の自分を出しました」。坂田にも「主人のことを書いたところだけ見せました」と笑い、「子供にも読んで欲しい。30歳くらいまでに産みたいですね」と話しているそうです

★★★  本とは全く関係ありませんが・・・・

小池栄子さんは 28日の「幸せってなんだっけ」に出演して、数々のエピソードを披露してくれていました。

そして小池栄子さんは 、一番得意でダンナ様の坂田亘さんも美味しいと(20回に1回^^)言ってくれているというレンコン入りギョウザを作っていました。

レンコン入りギョウザ材料は・・(6人分)

豚挽き肉300グラム・白菜1/4株・ニラ1/2束・レンコン小2個・おろししょうがこさじ1・醤油大さじ2・ごま油大さじ2・鶏がらスープの素小さじ2・オイスターソース少々

作り方は・・・

白菜はみじんきり、塩を振ってもんで、水分を出す ⇒ ニラは小口きり、レンコンは5ミリ角きり ⇒ 豚挽き肉に野菜、調味料を入れて粘りが出るまで良く混ぜる。ギョウザの皮で包む ⇒ 焦げ目がつくまで1分くらい焼いたのち、ぬるま湯を入れて蓋をして蒸し焼き

司会者の徳光さんは「味がうすいなー」と言っていましたが、細木数子さんは「主婦1年生にしては上出来よー」とねぎらっていました。

小池栄子が結婚秘話を出版
小池栄子、やっと坂田の妻になれた

★★★  またまた本とは全く関係ないのですが^^

秋田では昨日から「秋田わか杉国体」が始まりました。
小学校は10月10日」までお休みになるそうです。

そして・・幼稚園年長組み5歳息子リョウマは・・これから
大曲まで、空手の試合に参加するために出かけます^^

「勝ちたいナー」って言ってるけどどうなることやら・・
頑張ってね

勝ったとら、ポケモンパンを買って欲しいそうです

秋田わか杉国体http://wakasugi.pref.akita.jp/

秋田わか杉国体:2007年の1月27日から10月9日までの期間、秋田県の秋田市を主な会場として開催されている第62回国民体育大会である。大会スローガンは「君のハートよ位置につけ」。大会マスコットは、スギッチ(スケート・アイスホッケー競技会のみゆうまちゃん)。

秋田市 - 秋田市国体局>秋田わか杉国体 http://www.city.akita.akita.jp/city/gn/na/newna/default.htm

美郷町秋田わか杉国体 http://www.town.misato.akita.jp/kokutai/misatokokutai.asp
posted by りょうまま at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする