2007年01月17日

「原因」と「結果」の法則

[今日の言葉]というメルマガで紹介されてしました。
まるっきりコピーしちゃいます

● ジェームズアレン(イギリスの哲学者)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
運の良い人々とは、強い信念を維持し、数々の犠牲を払い、
粘り強い努力を続けてきた人々である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 酔いどれのコメント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
彼の著書『「原因」と「結果」の法則』は、爆発的なベストセラーに
なりました。ほぼ一世紀前の1902年に書かれたものですが、
世界中でいまなお着実に売れ続けているという驚異的な
ロングセラー書です。

正確な数字はわかりませんが、この世界の歴史上最も多くの
読者を獲得してきた自己啓発書だといって間違いないでしょう。
聖書に次ぐベストセラーだとさえ言われています。

その著書から私の好きな一節をご紹介いたします。

『私たちは、自分自身の思いによって、自分を素晴らしい人間に
創り上げることも出来れば、破壊してしまうことも出来ます。

心という思いの工場の中で、私たちは、自分自身を破壊するための
兵器を作り続けることも出来ますし、強さと喜びと穏やかさに満ちた
美しい人格を創るための、優れた道具を作り続けることも出来るのです。

正しい思いを選んでめぐらし続けることで、私たちは気高い
崇高な人間へと上昇することが出来ます。と同時に、
誤った思いを選んでめぐらし続けることで、獣のような
人間へと落下することも出来るのです。

人間は思いの主人であり、
人格の制作者であり、
環境と運命の設計者である。』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

どんな本かなぁ  ⇒ 
posted by りょうまま at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする