2015年01月04日

小山田浩子「工場」

2015.1.4

5.工場

小山田浩子(おやまだ ひろこ、1983年 - )は、日本の小説家。広島県広島市佐伯区生まれ。2006年、広島大学文学部日本文学語学講座卒業。

仕事になじめず編集プロダクション、大手自動車メーカー子会社、眼鏡販売店勤務など職場を転々した後結婚し主婦となる。

2010年、「工場」(「新潮」2010年11月号)で第42回新潮新人賞受賞。小説家デビュー。2013年、単行本『工場』(新潮社)で第26回三島由紀夫賞候補、第30回織田作之助賞受賞。

広島で生まれ育ち、2014年1月現在も同市佐伯区に在住している。

2014年、「穴」で第150回芥川龍之介賞受賞。

小山田浩子 - Wikipedia

外部リンク 『工場』小山田浩子インタビュー
posted by りょうまま at 05:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 小山田浩子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする