2014年07月14日

森絵都「気分上々」

2014.7.14(月)〜7/18

100・気分上々(2012.2)

きっとまばゆい明日が待っているから。

「自分革命」を起こすべく親友との縁を切った女子高生、家系に伝わる理不尽な“掟”に苦悩する有名女優、無銭飲食の罪を着せられた中二男子……森絵都の魅力をすべて凝縮した、多彩な9つの物語。

株式会社KADOKAWAオフィシャルサイト|気分上々

9つとも印象深いが、特に「東の果てつるところ」(有名女優が死を覚悟の上で子供を生むときの話・・)・・に深く感じ入った・

森 絵都(もり えと、1968年〈昭和43年〉4月8日 - )は、東京都出身の小説家。女性。

日本児童教育専門学校児童文学科卒業、早稲田大学第二文学部社会人間系専修卒業。 児童文学創作の傍らアニメーションのシナリオを手がける。1990年、『リズム』で第31回講談社児童文学新人賞を受賞しデビュー。同作品で翌年、第2回椋鳩十児童文学賞も受賞した。その後も数々の作品で多数の文学賞を受賞している。第46回産経児童出版文化賞を受賞した『カラフル』と、第52回小学館児童出版文化賞を受賞した『DIVE!!』は映画化もされ、話題になった。2006年、『風に舞いあがるビニールシート』で第135回直木賞受賞。

受賞歴
1990年(平成2年) - 『リズム』で第31回講談社児童文学新人賞を受賞し、デビュー。
1991年(平成3年) - 『リズム』で第2回椋鳩十児童文学賞を受賞。
1995年(平成7年) - 『宇宙のみなしご』で第33回野間児童文芸新人賞、第42回産経児童出版文化賞ニッポン放送賞を受賞。
1998年(平成10年) - 『アーモンド入りチョコレートのワルツ』で第20回路傍の石文学賞を受賞。
1998年(平成10年) - 『つきのふね』で第36回野間児童文芸賞を受賞。
1999年(平成11年) - 『カラフル』で第46回産経児童出版文化賞を受賞。
2003年(平成15年) - 『DIVE!!』で第52回小学館児童出版文化賞を受賞。
2006年(平成18年) - 『風に舞いあがるビニールシート』で第135回直木賞を受賞。

作品

小説
リズム 講談社 1991年 のち青い鳥文庫、角川文庫 
ゴールド・フィッシュ 講談社 1991年 のち青い鳥文庫、角川文庫 
宇宙のみなしご 講談社 1994年 のちフォア文庫、角川文庫 
アーモンド入りチョコレートのワルツ 講談社 (いせひでこ 絵) 1996年 のち角川文庫 2005年
つきのふね 講談社 1998年 のち角川文庫 2005年
カラフル 理論社 1998年 のち文春文庫 2007年、フォア文庫
ショート・トリップ 理論社(長崎訓子画)2000年 のち集英社文庫 2007年 
永遠の出口 集英社 2003年 のち集英社文庫 2006年
いつかパラソルの下で 角川書店 2005年 のち角川文庫 2008年
風に舞いあがるビニールシート 文藝春秋 2006年 のち文春文庫 2009年 
ラン 理論社 2008年 のち角川文庫 2012年
架空の球を追う 文藝春秋 2009年 のち文春文庫 2011年
この女 筑摩書房 2011年
異国のおじさんを伴う 文藝春秋 2011年  
気分上々 角川書店 2012年 
漁師の愛人 文藝春秋 2013年
クラスメイツ〈前期〉〈後期〉偕成社 2014年 

『DIVE!!』シリーズ

詳細は「DIVE!!」を参照
講談社刊  DIVE!! 1 前宙返り3回半抱え型 2000年 のち青い鳥文庫 
DIVE!! 2 スワンダイブ 2000年 のち青い鳥文庫 
DIVE!! 3 SSスペシャル'99 2001年 のち青い鳥文庫 
DIVE!! 4 コンクリート・ドラゴン 2002年 のち青い鳥文庫 

角川書店刊 DIVE!! 上下 2006年

森絵都 - Wikipedia
ラベル:森絵都 気分上々
posted by りょうまま at 13:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 森絵都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする