2011年10月22日

大道珠貴「立派になりましたか??」

10/19〜大道珠貴立派になりましたか??」2008年1月

とぼとぼと歩んでいます。高校の同級生たちの26年後、10の物語

自分の名前さえ書ければ合格といわれている高校のそのまたどうしようもない10にんが集められたクラストッキュウ。そこから巣立った同級生たちの25年後。

芥川賞受賞作家がシニカルなユーモアとリズムのよい文章で描き出すそれぞれの人生


大道珠貴(だいどう たまき、女性、1966年4月10日 - )は、日本の小説家。福岡市出身。福岡県立福岡中央高等学校卒業。2000年、「裸」が第30回九州芸術祭文学賞を受賞して小説家デビュー。同作で第123回芥川賞候補。2003年、「しょっぱいドライブ」で第128回芥川賞受賞。2005年、『傷口にはウォッカ』で第15回Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞(選考富岡多恵子)。

今月のひと

大道珠貴 - Wikipedia
posted by りょうまま at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 大道珠貴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする