2016年06月18日

「悲嘆の門」「ソロモンの偽証」T〜V宮部みゆき(2002.9〜2011.10)

人を呪わば穴二つ

【読み】 ひとをのろわばあなふたつ
【意味】 人を呪わば穴二つとは、人に害を与えようとすれば、やがて自分も害を受けるようになるというたとえ。

【人を呪わば穴二つの解説】
【注釈】 他人に害を与えれば、必ず自分にかえってくるものである。
他人を呪い殺せば、自分も相手の恨みの報いを受けて呪い殺され、相手と自分の分で墓穴が二つ必要になることから。
「呪わば」は、動詞「呪う」の未然形に接続助詞「ば」が付いたもので、文語的な表現である。
「人を呪えば穴二つ」とも。
人を呪わば穴二つ - 故事ことわざ辞典

2016.6.18(金)

59.「悲嘆の門」上、2015.1月

なんと・・再読であったのだ(か)

P126・・ネット上で書き込んだ言葉は、どんな些細な片言隻句さえ発信されると同時に、その人の内部にも残る。つまり〔蓄積する〕・・溜り積もった言葉の重みは、いつかその発信者自身を変えていく。言葉はそういうもの。どんな形で発信しようと本人と切り離すことなんてできない。本人に影響を与えずにおかない。発信者自身は自分だってしっている。誰も自分自身から逃げることはできない



ソロモンの偽証宮部みゆき(2002.9〜2011.10)

V部(2009.9〜2011.10)巻頭・・今年といわず、幾度目の夏が来ようと、その子供たちが青春を謳歌することはない。今年の夏はもう、こっそり蓄えていた強さや勇気を見出す必要はない。大人の世界の複雑さに立ち向かって、より悲しくより賢くなり、生涯の絆で結ばれながら離れ離れになるのだから・・タナ・フレンチ
                                          『悪意の森』

2014.10.20(月)

昨日からようやくV部にはいった・・長っつ・・なにせ・・2002年6月から2011.11月まで連載されていたのだ・・9年6ヶ月・・息子0歳から小学校3年生まで。。なんと!!・・・夜遅く読了。。涙涙・・
親たち、中学生たちに呼んでほしい本。p600〜。。号泣しながら読み進めた・・気分。。(号泣はしてないけれど、ティッシュペーパーを何枚使ったことか・・・)

p26・・そうです。。動機は「怒り」です・・

p254・・・「柏木って裏表があるんだよ・・見かけによらずヤバイヤツ・・」井口充は言った

p318・・・バスケット部の竹田くんには「人望」というものがある・・

p454・・・子供だろうが未成年者だろうが、一方的な暴力にさらされたものには、自分が被害にあったことを
訴える権利がある。どういう事情で何が起こったのか、本人がまわりに知ってほしいと望むならばそれを阻むことは誰にも許されてはならない。
涼子は自分が高木教諭に平手打ちを食ったときのことを思った
もしもあのとき母の邦子が弱気になって抗議しなかったら。。あたしはどう感じただろう。
不当だと思っただろう。保護者が彼のためを思ったのであっても、本人が不当だと思う以上はその思いやりは間違っているのだ

「わざとじゃないんです・・たぶん・・悪ふざけなんです・・こういうことをしたら相手がどうなるとか、もしかしたら死んじゃうかもしれないと考えていないんです。。僕のときはそうでした。僕を殴ったり蹴ったりしながら大出君たちはずっと笑っていました・・

P494・・・「。。昨日病室で気がついたの。。逮捕された垣内美奈絵って人の写真をみたとこ。。こんな顔を知ってるどこかでみたことがある・・それ・・あたしの顔だ。。あれはうそつきの顔だ。嘘をついて他人を傷つけ、自分も傷つく人間の顔だ。。そして何もかも取り返しがつかないと絶望している人間の顔だ。。」

P562・・・・・理不尽なでたらめばかりが多い世の中をなぜ生きていかねばならないのか、人の生きる意味はどこにあるのか、どうしたらそれを見つけることができるのか。。そんなことを考える柏木くんには不幸な形で両親を失い一人残されても日々を元気に生きている・・明るく傍目には何事もなかったように生きているその友達がとても興味深くうつったのでしょう・・

P599・・「・・なんで僕はお父さんお母さんんのとこにいないのか・・何で僕だけここにいるのかっって・・そしたら養母はこういいました。。わからない。わからないけど、お前がここにいてくれてよかった・・そのときはまだ小学生ですからぴんと来なかった。。でも結局その言葉が十分な答えなんじゃないかって」

P608・・・柏木卓也はにっちもさっちもいかなくなっていた・・自分で騒動を起こしてそこから抜け出すために差し出された手を拒否してどんどん狭いことろへ入り込んで抜けられなくなった。。そしてその狭い場所から拾い場所で普通に暮らしている和彦をみれ腹立たしかった、にくかった、かまってほしかった・・

P680〜 あいつは悪魔だ。。僕は知っていた。世の中にはそういう人間がいる。他人と共存できないんだ。いつも自分が特別な人間でなければ気がすまないんだ・・だけど・・・14歳なんてそんなものじゃないか。みんな自意識過剰でまわりとごりごりぶつかって不安定な心は優越感とコンプレックスの塊で・・傷ついたり傷つけられたり。。何年かそういう時期をすごして満身創痍になって抜け出していくんだ・・僕もそうだった卓也もそうだった。。だけどなぜ卓也はそれだけじゃあ足りなかったんだろう・・


映画『ソロモンの偽証』オフィシャルサイト 2015年<春>校内裁判開廷 二部作拡大公開

2014.10.17(金)〜

ソロモンの偽証、第二部(2006.8〜2009.8)

1991年7月29日〜

★P67  弱いものいじめの喜び、他人の痛いところをつく楽しみ・・それで顔が明るくなる、どうしようもなく性根の腐ったヤツ、大出俊次・・

★P71  涼子の頭の中に天啓がひらめいた・・「・・三中の三年生の力で、公平で公正な学校内裁判をやるんだよ・・負けることで真実にたどりつくこともある(P157)

2014/10/13〜

宮部みゆきソロモンの偽証」1部2002.6〜2006.7に連載(2012.8)

★p318〜・・若い心は無限の想像エネルギーを秘めている・・右に曲がれば空想に、左に曲がれば妄想に・・
そして・・若さは「待てない」という欠点を持っている・・人生は要するに待つことの連続なのだという教訓は人生の大半を生きて見なければわからない・・

★森内美恵子の住むマンションの隣の部屋に住む美奈恵・・

2014.10.17(金)・・ようやく一部読了・・😵・・長っ・・複雑混迷を極め。。最後で整理されてきた・・(津崎校長、森内教諭は退職・・浅井政子は交通事故死・・大手家は火事となり祖母がなくなる・・発端は柏木卓也の自殺・・)

T部ラストP741・・「あたしわかった。やるべきことがなんなのかやっとわかった。。」藤野涼子

ソロモンの偽証』(ソロモンのぎしょう)は、宮部みゆきによる長編推理小説、またそれを原作とする映画。『小説新潮』(新潮社)にて、2002年10月号から2006年9月号、同年11月号から2007年4月号、同年6月号から2011年11月号まで連載され、2012年に刊行された。『事件』『決意』『法廷』の三部構成。週刊文春ミステリーベスト10及びこのミステリーがすごい!で第2位にランクインした

もう一度、事件を調べてください。
柏木君を突き落としたのは――。

クリスマス未明、一人の中学生が転落死した。柏木卓也、14歳。彼はなぜ死んだのか。殺人か。自殺か。謎の死への疑念が広がる中、“同級生の犯行”を告発する手紙が関係者に届く。さらに、過剰報道によって学校、保護者の混乱は極まり、犯人捜しが公然と始まった――。拡大する事件を前に、為す術なく屈していく大人達に対し、捜査一課の刑事を父に持つ藤野涼子は、級友の死の真相を知るため、ある決断を下す。それは「学校内裁判」という伝説の始まりだった。

求めるは、ただ一つ。柏木卓也の死の真実。

二人の同級生の死。マスコミによる偏向報道。当事者の生徒達を差し置いて、ただ事態の収束だけを目指す大人。結局、クラスメイトはなぜ死んだのか。なにもわからないままでは、あたし達は前に進めない。だったら、自分達で真相をつかもう――。そんな藤野涼子の思いが、周囲に仲間を生み出し、「学校内裁判」の開廷が決まる。次第に明らかになる柏木卓也の素顔。繰り広げられる検事と弁護人の熱戦。そして、告発状を書いた少女が遂に……。夏、開廷の日は近い。

宮部みゆき『ソロモンの偽証』|特設サイト|新潮社

宮部みゆき『ソロモンの偽証』|インタビュー|特設サイト|新潮社

宮部さんはかつて法律事務所にお勤めでしたから、この大作法廷ミステリーに、いわば運命的なものを感じます。

宮部 実は私、法廷ミステリーは初めてなんです。ただ、中学校三年生の生徒たちが課外活動という名目をもらって、許可を得て学校内裁判をやるという設定なので、我が国で行われている実際の裁判とは全く違いますし、陪審員制ではあるのですが、陪審員も十二人でなく九人しかいないんですね。とても変則的な形になっています。でも、海外の法廷ミステリーによく出て来るシーンを自分が書いているということは、とても楽しかったです。

この大胆な設定、何かに触発されたということは?

宮部 一九九〇年に神戸の高校で、遅刻しそうになって走って登校してきた女子生徒を、登校指導していた先生が門扉を閉めたことで挟んでしまい、その生徒が亡くなるという事件がありました。その後、この事件をどう受け止めるかという・・・・

宮部みゆき『ソロモンの偽証』|座談会|特設サイト|新潮社

後の証人の登場に中学校の「法廷」は沸騰した。この裁判は最初から仕組まれていたのか。
大作は驚天動地のラストに雪崩れ込む。読了直後の文芸評論家三氏に感想を伺った。

吉田大変なボリュームなのに、巧みな語り口で長さを感じさせませんよね。杉江私も、まさに一気呵成でした。大森各巻七〇〇頁超だけど、体感的には三〇〇頁くらい。どんどん頁がめくれる。吉田私はじっくり味わいたいので、敢えて時間をかけて読みました(笑)。宮部さんの作品はどれも粒揃いというか、傑作なんですが、『ソロモンの偽証』は、今現在の宮部さんの最高傑作じゃないかと思います・・・・
posted by りょうまま at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮部みゆき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月04日

宮部みゆき「楽園」上下「ペデロの葬列」「孤宿の人」

2014.10.4(土)

楽園」(2007.8)

下巻 p116・・・「他人を毟る味を知ってしまった人間は簡単には手を引かない、彼らは潮時というものを知らない。仮にそうわかっても、それが外部から与えられたものである場合には承服しないんです。・・あくまで自分に主導権があると思いたがる・・」

12歳の息子は「事件」を予告して死んだのか!?

フリーライター前畑滋子のもとに奇妙な調査依頼が舞い込んだ。そして、16年前に起きた、少女殺人事件の全貌が明らかになる!

進化し続ける作家、宮部みゆきの最高到達点
ライター・滋子の許に舞い込んだ奇妙な依頼。その真偽を探るべく16年前の殺人事件を追う滋子の眼前に、驚愕の真実が露になる

宮部みゆきさんの『楽園』がいよいよ刊行です。この物語には、あの『模倣犯』の中で大活躍したフリーライター・前畑滋子が再び登場。現在はフリーペーパーのライターをしている滋子のもとに、萩谷敏子という女性が現れます。事故で死んだ12歳の息子が、実は予知能力を持つ超能力者だったかも知れないので、その真偽を調べて欲しいという依頼でした。彼は16年前に殺された少女の遺体が発見される前に、自分が描いた「絵」で予言したというのです。敏子の亡き息子への強い思いを感じた滋子は調査に乗り出しますが−−。宮部ミステリーを存分に楽しめる上下巻です。(KT)

『楽園 上』宮部みゆき | 単行本 - 文藝春秋BOOKS

楽園(上・下) [著]宮部みゆき [掲載]2007年09月30日 [評者]四ノ原恒憲(編集委員)

■「幸せ」の代償、過酷な地上に

 ベストセラーとなった著者の代表作の一つ『模倣犯』で大活躍した女性フリーライター、前畑滋子が主人公をつとめる。前作の影が全編に落ちてはいるが、全く独立した作品として、その世界に入っていける。

 「死んだ我が子が、不思議な絵を残している」と前畑を訪ねてきた母がいる。まったく見知らぬ夫婦が、娘を殺し、長く自宅床下に埋めていた事件があった。事件発覚が、息子の死のずっと後なのに、絵の中にその遺体の状況が描かれていたという。「息子は超能力者だったのか知りたい」。そんな母の依頼を受けた前畑の調査の中から、様々な重苦しい人生や、さらなる事件があぶり出される。

 それにしても、描かれる人生のなんと辛(つら)いことか。著者は、「楽園」とは「幸せ」のことだという。人々は幸せを求め、必ず、ほんのひとときであれ、己の楽園を見いだす。他から見て、それがいかに奇妙で、危うく、また血にまみれてさえいても。そして、そこに支払った代償が、楽園を過酷な地上にひきずり戻すのだ、と。

 確かに、今の時代、幸せとは、何と難しいことか。読後の余韻は重いが、その中に柔らかい風も吹く。決してニヒリズムには落ちない、著者の人間観故に。

asahi.com:楽園(上・下) [著]宮部みゆき - 書評 - BOOK


2014.9.12(金)〜9/17

ペデロの葬列」(2013.12)

誰か』『名もなき毒』に続く杉村三郎シリーズ、待望の第3弾!
今多コンツェルン会長室直属のグループ広報室に勤める杉村三郎が主人公の現代ミステリー!
杉村はある日、拳銃を持った老人によるバスジャックに遭遇。警察の突入そして突然の拳銃の暴発で犯人は死亡、
人質は全員無事に救出され、3時間ほどであっけなく事件は解決したかに見えたのだが―。
しかし、そこからが本当の謎の始まりだった! そのバスに乗り合わせた乗客・運転手のもとに、ある日、死んでしまった犯人から慰謝料が届く。
なぜすでに死んでしまった、しかも貧しいはずの老人から大金が届いたのか?
そしてそれを受け取った元人質たちにもさまざまな心の揺れが訪れる。警察に届けるべきなのか? それとも・・・?
事件の真の動機の裏側には、日本という国、そして人間の本質に潜む闇が隠されていた!
果てしない闇、そして救いの物語!

Amazon.co.jp: ペテロの葬列: 宮部 みゆき: 本




10/17〜宮部みゆき「孤宿の人」上下(2005年6月)

それは海うさぎとともにやってきた・・
讃岐国丸海藩・・この地に幕府の罪人・加賀殿が流されてくることに。海うさぎが飛ぶ夏の嵐の日、加賀殿の所業をなぞるかのように不可解な毒死や怪異が小藩を襲う。

その男は悪霊と恐れられた

涸滝の幽閉屋敷に下女として住み込むことになった少女ほう。
丸海藩の内紛が起こるなか、悪霊と恐れられた男と無垢な少女の魂の触れ合いが。

宮部みゆき(みやべ みゆき、1960年12月23日 - )は、日本の小説家。東京都江東区生まれ。日本推理作家協会会員。日本SF作家クラブ会員。

法律事務所勤務ののち、小説家に。1987年、「我らが隣人の犯罪」でデビュー。以後、『龍は眠る』(日本推理作家協会賞受賞)『火車』(山本周五郎賞受賞)『理由』(直木賞受賞)『模倣犯』(毎日出版文化賞特別賞受賞)などのミステリーや、『本所深川ふしぎ草紙』(吉川英治文学新人賞受賞)『ぼんくら』などの時代小説で人気作家となる。ほかに、ファンタジーやジュブナイルものの作品がある。

1960年12月23日、東京都江東区深川に生まれる。東京の下町に育ち、現在もそこで部屋を借り、仕事場にしている。江東区立深川第四中学校を経て東京都立墨田川高等学校卒業。裁判所速記官試験(現在養成中止)に不合格、中根速記学校で速記を学ぶ(速記検定1級取得)。23歳のとき小説を書き始め、法律事務所に勤務しながら、1984年に講談社フェーマススクール・エンタテイメント小説教室に通い、山村正夫などに師事。同講座の受講生に、篠田節子がいる。

1987年にオール讀物推理小説新人賞を受賞した短編「我らが隣人の犯罪」でデビュー。ただし最初に出版された書籍は、1989年に東京創元社から『鮎川哲也と十三の謎』の第5回配本として出版された『パーフェクト・ブルー』である。『魔術はささやく』『龍は眠る』(同年同日生まれの綾辻行人と日本推理作家協会賞を同時受賞)などの超能力を扱った作品が多かったが、1992年に発表した『火車』は、クレジットによる多重債務問題を描き出し、山本周五郎賞を受けた。ミステリーではその後『理由』で直木賞、『模倣犯』で毎日出版文化賞特別賞、『名もなき毒』で吉川英治文学賞を受賞。時代小説では、江戸に住む人々の人情を描き、吉川英治文学新人賞を受賞した『本所深川ふしぎ草紙』や、超能力ものの「霊験お初捕物控」、深川を舞台にしたミステリー『ぼんくら』『日暮らし』など。テレビゲームが趣味であり、プレイステーション2用ソフト『ICO』を小説化した作品や、『ドリームバスター』、劇場用アニメ化された『ブレイブ・ストーリー』などのファンタジー小説もある。

大沢在昌の主宰する事務所(大沢オフィス)に京極夏彦とともに所属。オフィスの公式サイト名は3人の姓から1字ずつとって「大極宮」という。コードネームは「安寿」。また、2005年夏公開の映画『妖怪大戦争』のプロデュースチーム「怪」の一員でもある。

趣味・交友 [編集]
綾辻行人とは生年月日やデビュー年月が同じであり、互いに推理小説でデビュー(綾辻は1989年9月に長編『十角館の殺人』を刊行)したという共通点がある。先に単行本の出版をした綾辻をミステリ作家として尊敬の対象としつつも、彼との交流が増えて、今は仲の良い友人・ライバルだと語っている。
無類のテレビゲーム好きとしても知られており、ゲームの攻略本収集の趣味を持っている(当人曰く、365日のうち360日はコントローラーを握り、所有している攻略本の数は300冊超との事)。『ドリームバスター』などSFものの作品には、世界観やキャラクター設定にゲームの影響があると述べている他、『ローグギャラクシー』のシナリオについて、作家としての視点から酷評した事もある◆ゲーム女の生きる道。
『タクティクスオウガ』や『メトロイド』のファンとしても知られている。
ゲーム好きになった理由は、執筆量も増えて精神的肉体的に疲労がたまっている時に綾辻行人から薦められたからである。
『幻想水滸伝III』の発売前には公式サイト内にて先行プレイ日記(公開は終了)を8回にわたり公開していた。またこの作品のOPアニメ製作は『ブレイブ・ストーリー』を製作したゴンゾであり、このOPアニメを見た彼女がここが作るならとアニメ化の許可を出した。
TVゲーム『ICO』のノベライズを刊行(これについては宮部当人がノベライズ化を希望し、実現したものである)したり、コーエーが管理運営するMMORPG『大航海時代Online』2006年3月の公式イベントのシナリオを担当した。なお後者では『ドリームバスター』の登場人物が活躍する。
ただし、宮部自身はオンラインゲームで遊ぶことをスタッフに止められている。もし遊び始めれば超廃人と呼ばれるほど没頭してしまうことが明らかなためである。
文学賞受賞歴・候補歴 [編集]
1987年 - 『我らが隣人の犯罪』で第26回オール讀物推理小説新人賞受賞。
1988年 - 『かまいたち』で第12回歴史文学賞佳作入選。
1989年 - 『魔術はささやく』で第2回日本推理サスペンス大賞受賞。
1991年 - 『龍は眠る』で第105回直木賞候補。
1992年 - 『龍は眠る』で第45回日本推理作家協会賞を受賞。『本所深川ふしぎ草紙』により第13回吉川英治文学新人賞を受賞。『返事はいらない』で第106回直木三十五賞候補。
1993年 - 『火車』で第6回山本周五郎賞を受賞。同作で第108回直木賞候補。
1996年 - 『人質カノン』で第115回直木賞候補。
1997年 - 『蒲生邸事件』で第18回日本SF大賞受賞、第116回直木賞候補。
1998年 - 『理由』で第120回直木賞受賞。同作で第17回日本冒険小説協会大賞国内部門大賞を受賞。
2001年 - 『模倣犯』で第55回毎日出版文化賞特別賞を受賞。
2002年 - 『模倣犯』で第5回司馬遼太郎賞と第52回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。
2006年 - 『名もなき毒』で第41回吉川英治文学賞を受賞。

宮部みゆき - Wikipedia
posted by りょうまま at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮部みゆき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする