2018年12月28日

「愛なき世界」「女4人が暮らす家」「小暮荘物語」「天国旅行」「風が強く吹いている」「君はポラリス」「三浦しをん

2011.9.1「人生激場」

2011.8「格闘するものに◎」

2011.8「夢のような幸福」三浦しおん

2011.8三浦しをん「三四郎はそれから門を出た」

2011.6/30三浦しをん「仏果を得ず」





2018.12.28〜

134・「愛なき世界」(2018.9)  CIMG2204.JPG



2017.1.13(金)

13.「神去なあなあ夜話」2012.11

2016.6.8(水)

55・女4人が暮らす家2015.7月

昨日、おもたーい角田さんの小説のあとなので一層読みやすくて嬉しい



三浦しをん

1976(昭和51)年、東京生れ。早稲田大学第一文学部卒業。2000(平成12)年、書下ろし長篇小説『格闘する者に○』でデビュー。以後、『月魚』『秘密の花園』『私が語りはじめた彼は』などの小説を発表。『乙女なげやり』『ビロウな話で恐縮です日記』『あやつられ文楽鑑賞』『ふむふむ―おしえて、お仕事!―』など、エッセイ集も注目を集める。2006年『まほろ駅前多田便利軒』で直木賞を、2012年『舟を編む』で本屋大賞を受賞。他に小説『むかしのはなし』『風が強く吹いている』『仏果を得ず』『光』『神去なあなあ日常』『まほろ駅前番外地』『天国旅行』『木暮荘物語』などがある。

★★★

2014.1.20(月)「君はポラリス」(2007年)

再読だった・・😵・・けど面白いのでよしとしよう・・っと🎵

どうして恋に落ちたとき、人はそれを恋だと分かるのだろう。三角関係、同性愛、片想い、禁断の愛……言葉でいくら定義しても、この地球上にどれひとつとして同じ関係性はない。けれど、人は生まれながらにして、恋を恋だと知っている──。誰かをとても大切に思うとき放たれる、ただひとつの特別な光。カタチに囚われずその光を見出し、感情の宇宙を限りなく広げる、最強の恋愛小説集。 Amazon.co.jp: きみはポラリス (新潮文庫): 三浦 しをん: 本

★★★

2011.9.6〜 「小暮荘物語」(2010.11)

久しぶりのしをんさん・・やっぱり面白かった

小田急線世田谷代田駅から徒歩5分ほどの距離にある古い木造アパート「木暮荘」の住人とその周囲の人々にまつわる連作短編集

4室に人が住んでいる。 1階に住む大屋の木暮さんは70歳過ぎのおじいさん。
「シンプリーヘブン」 坂田繭は、玄関を開けて驚いた。3 年前に出ていったきり音沙汰もなかった元カレの瀬戸並木がいた

2013.7.6(土)
◆「天国旅行」(2010.3.)

君が望んでも、まだ「終わり」にはさせない。生と死を見つめ直す、「心中」をめぐる七つの短篇。

もう一度、立ち止まり、君と問いたい。そこは楽園なのかと――富士の樹海に現れた男の導き、命を賭けて結ばれた妻への遺言、前世の縁を信じ込む女の黒い夢、死後の彼女と暮らす若者の迷い、一家心中で生き残った男の決意……この世とあの世の境目で浮かび上がる、愛と生の実像。光と望みが射し込む、文句なしの傑作短篇集。

三浦しをん/著
ミウラ・シヲン

三浦しをん『天国旅行』|新潮社

2011.9.2
9/1〜「風が強く吹いている三浦しをん2006年9月

「速く」ではなく「強く」・・目指せ箱根駅伝

才能に恵まれ、走ることを愛しながら走ることから見放されかけていた清瀬灰二と蔵原走(かける)。奇跡のような出会いから、二人は無謀にも陸上とかけ離れていた者と箱根駅伝に挑む。たった10人で。それぞれの「頂点」をめざして・・

「長距離選手に対する一番の褒め言葉がなにかわかるか」
「速い、ですか?」
「いいや。強いだよ」

「じゃあおまえら、いずれ死ぬからって生きるのやめんのかよ」

「すきなら走れ、以上」

彼らは走る。走ることによってしかたどりつけない速くて美しいまだ見ぬ高みへと近づくために。

★★★2011年

台風12号、なぜノロノロ?

中島みゆき、木村拓哉と初タッグ 〜『南極大陸』で5年ぶりドラマ主題歌 戸田恵梨香、客席からの「エリカ様」コールに困惑



★★★

まだ名前を持たない関係 ・・三浦しをん『きみはポラリス』・・伏見憲明

 三浦しをんの『きみはポラリス』を読み進めるうちに、子供の頃の情景が思い出された。まだ性が言葉を持たなかった時代の自分を――。
 小学校も中学年になると子供もませてきて、「○○ちゃんが好き」とか「××君から告白された」とかいった話題が教室の隅でささやかれるようになる。女の子たちにとっては、バレンタインデーに意中の男子へチョコレートを手渡すことが一大イベントだったし、とりあえず「両思い」ということになれば、ふたりだけで下校したり、二つ合わせるとハート型になるペンダントの片割れを持ち合ったりしたものだ。
 ぼくが、それまでいっしょに遊んでいた女子が、どうやら自分とは異なる生き物であることがわかったのは、体育の前の着替えの時間。乳房がふくらみはじめた彼女たちが、はにかみながら男子に見られないように体育着に早変わりするほんの一瞬、はらりと胸元に大人の女のそれがかいま見えた。ブルンッとした質感が、つい昨日まで自分と同様に真っ平らだった胸元と、天と地ほどの差があるようでとまどった。そのとまどいの中に、どこかねっとりとした「そこに触れたい」という気持ちが混入していた。「性欲」という言葉さえ知らなかった生の欲求。
 六年生になる頃には幼なじみの女子に告白されて、ぼくもいっぱしに「付き合う」ことにもなった。もちろん「付き合う」といっても、交換日記をしたり日曜日にいっしょに出かけたりする程度のことなのだが、それでもそこに交わされる感情は、いっしょに近所を駆け回っていた子供同士のそれではなく、甘く密やかな香りに包まれていた。
 本格的に思春期を迎えて性が成熟すると、今度は自分の欲求がどうやら同性に向っていることを疑いはじめる。そういう、ぼくの「同性愛」への気づきの過程は、本書に収録されている『永遠に完成しない二通の手紙』『永遠につづく手紙の最初の一文』の登場人物に重なる。岡田勘太郎は、幼なじみで親友の寺島良介への思いが友だち以上の何かを含んでいることを薄々感じていたが、それはある時点まで「恋愛」には結びつかなかった。自分の秘めたる情感が一つの言葉に行き着くまでの道筋が、三浦が描き出した岡田という主人公の繊細さにリアルに映し出されている。ぼく自身、はじめ(時代性もあって)自分が同性愛者などとは思いもよらなかったので、それを受け入れていくのは、その欲望に言葉を当てはめていく作業そのものだった。
 小説が言葉にならないものを言葉に仮託する表現ならば、ここに収められた短編は、まだ名前を持たない関係を、名前を与えないままに表した物語だ。同性の親友への切なさを「好き」という言葉に掬い上げた先の二作。偶発的に起こしてしまった殺人によって別れた男女が、それを「沈黙と忘却をもって苗床の栄養に変え」、その共犯関係をかけがえのないものにする『私たちがしたこと』。はからずも自分を「誘拐」することになった男との交流を心に温める少女を描いた『冬の一等星』……この一冊に収録されたどれもが名前のない関係に、豊饒なる魔を醸し出している。
 言葉にするとそこにあったはずの魔は、どうしたわけか雲散霧消してしまう。どす黒い沃土を含んでいた関係が、名前を得た途端に渇いた大地と化してしまう。三浦が掘り起こしているのは、「恋人」「恋愛」「結婚」「同性愛」「異性愛」「不倫」といった言葉につかまえられた関係よりも、もっと生々しい欲望を手探りしている人たちの経験だ。三浦の巧妙な筆致と、狂気にも似た情によって、ぼくらはそれを自分の心に活き活きと甦らせることができる。この短編集は、だからこそ小説として成功しているのだろう。言葉によって削がれてしまう魔が、言葉によって十全に再生されている。
「同性愛者」というアイデンティティからすれば、ぼくの小学生のときの女子との交歓は、「恋に憧れる気持ち」や「まだ未分化な性」と言い得る。が、言葉で整理のつかないあの官能は、概念化された解釈が無意味に思えるほど、何か豊かな情緒を未開拓の心に敷いてくれた。そこには言葉という洗練を経る以前の魔が、確実に胚胎していたのだから。


(ふしみ・のりあき 作家・評論家)

三浦しをん『きみはポラリス』続きを読む
posted by りょうまま at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 三浦しをん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月01日

三浦しをん「人生激場」

2011.6.11

紅白歌合戦を眺めていたら85歳の祖母が言った。「『むんく』って人は、ずいぶんいろんな人に曲を提供しているのね」おばあさま、それは「つんく」のことをおっしゃってるの??・・「うん、むんくの活躍ぶりはすごいよね」とあえて祖母の間違いを訂正しなかった・・175ページ・・

息子のサッカーの練習終了を暑さのため、すべての窓を全開の車の中でこの本を読みながら待っていた私は・・大爆笑をこらえるのに必死・・涙まででてくる始末・・他にもわらいどころ満載で暑さですっかり疲れていたのも忘れるほど・・。自宅へ変える途中、またこの話しを思い出し大笑いして運転ができなくなる始末。。つんく=むんく・・有名なムンクの叫びの絵を思い浮かべながら笑いがとまらないのでした・・わーい(嬉しい顔)

もうひとつ・・このごろ気になる言い回しは「毎日の日課」である。日課というのは毎日することだから「日課」なわけで「毎日の日課」では「馬から落ちて落馬して」と言っているようなものじゃないか・・・168ページ

6/20〜三浦しをん人生激場」(2003.7)

身持ちは固く、身の回りはなにかと騒がしい20代後半。

不覚にもワールドカップに心を奪われ、TVドラマに見果てぬリアルを追及し、モー娘の日本語の乱れに母のような苦言を呈す。

好きなものは・・本、服、美しい男。

プレーンな日常を「非日常」に変えてしまうマジカルなつっこみと差えまくる嗅覚。身辺雑記帳

三浦しをん(みうら しおん、本名同じ、1976年(昭和51年)9月23日 - )

東京都出身。父は上代文学・伝承文学研究者の三浦佑之。横浜雙葉中学高等学校から、1995年(平成7年)4月に早稲田大学第一文学部演劇専修に進む。当初、三浦は編集者として出版社に就職することを志望しており、大学4年となった1998年(平成10年)には、出版各社への就職活動を行っていた。その活動中、早川書房の入社試験で、三浦の作文を読んだ担当面接者であった編集者・村上達朗は、三浦に執筆の才があることを見出した。村上の勧めを受けて三浦は、同年11月から、Boiled Eggs Onlineのサイトにおいて、ウィークリー読書エッセイ『しをんのしおり』の連載を始めた。同年末に村上は早川書房を退社し、著作権エージェント「ボイルドエッグ」を設立して、三浦にも作家に転進するよう勧めた。三浦は、1999年(平成11年)3月に同大学を卒業し、翌2000年(平成12年)4月に就職活動の経験をもとにした処女小説『格闘する者に○』(草思社)を出版した。

2005年(平成17年)には『私が語りはじめた彼は』で山本周五郎賞候補、同年7月には『むかしのはなし』で直木賞候補となり、2006年(平成18年)8月に『まほろ駅前多田便利軒』で同年上半期の直木賞を受賞した。誕生日前の29歳での受賞であり、20代での直木賞受賞は、堤千代、平岩弓枝、山田詠美に続く4人目である。

少女漫画やボーイズラブ作品に造詣が深いことが知られており、好きな行為は妄想。2004年(平成16年)から雑誌『Cobalt』にてCobalt短編小説賞の選考委員、2008年(平成20年)から太宰治賞の選考委員、2009年(平成21年)から手塚治虫文化賞の選考委員を務めている。

小説
格闘する者に○』(草思社、2000年。新潮文庫 ISBN 4101167516)
『月魚』(角川書店、2001年。角川文庫 ISBN 4043736029)
『白蛇島』(角川書店、2001年。『白いへび眠る島』と改題。角川文庫 ISBN 4043736037)
『秘密の花園』(マガジンハウス、2002年。新潮文庫 ISBN 4101167540)
『ロマンス小説の七日間』(角川文庫、2003年11月。 ISBN 4043736010)
『私が語りはじめた彼は』(新潮社、2004年。新潮文庫 ISBN 9784101167558)
『むかしのはなし』(幻冬舎、2005年。幻冬舎文庫 ISBN 9784344410954)
『まほろ駅前多田便利軒』(文藝春秋、2006年。文春文庫 ISBN 9784167761011)
『風が強く吹いている』(新潮社、2006年。新潮文庫 ISBN 9784101167589)
『きみはポラリス』(新潮社、2007年5月。新潮文庫 ISBN 9784101167602)
仏果を得ず』(双葉社、2007年11月。双葉文庫 ISBN 9784575514445)
『光』(集英社、2008年11月 ISBN 9784087712728)
『純白のライン』2008年12月(アシックスのWEBサイトで公開[1] )
『神去なあなあ日常』(徳間書店、2009年5月 ISBN 9784198627317)
『星間商事株式会社社史編纂室』(筑摩書房、2009年7月、ISBN 9784480804204)
『まほろ駅前番外地』(文藝春秋、2009年10月 ISBN 9784163286006)
『天国旅行』(新潮社、2010年3月 ISBN 9784104541065)
『木暮荘物語』(祥伝社、2010年10月 ISBN 9784396633462)
エッセイ [編集]
『極め道―爆裂エッセイ』(光文社知恵の森文庫、2000年。光文社文庫 ISBN 4334742602)
『妄想炸裂』(新書館、2001年。新書館ウィングス文庫 ISBN 4403540724)
『しをんのしおり』(新潮社、2002年。新潮文庫 ISBN 4101167524)
『人生激場』(新潮社、2003年。新潮文庫 ISBN 4101167532)
夢のような幸福』(大和書房、2003年。新潮文庫 ISBN 4101167567)
『乙女なげやり』(太田出版、2004年。新潮文庫 ISBN 9784101167572)
『桃色トワイライト』(太田出版、2005年。新潮文庫 ISBN 9784872339734)
三四郎はそれから門を出た』(ポプラ社、2006年7月。ポプラ文庫 ISBN 9784591117576)
『シュミじゃないんだ』(新書館、2006年11月 ISBN 4403220487)
『あやつられ文楽鑑賞』(ポプラ社、2007年5月 ISBN 4591097838)
『悶絶スパイラル』(太田出版、2008年1月 ISBN 4778311027)
『ビロウな話で恐縮です日記』(太田出版、2009年2月 ISBN 9784778311605)
ふむふむ 新潮社、2011 

三浦しをん - Wikipedia

★★★

<復興基本法>参院で可決、成立 3党などの賛成多数で

米国では「努力しないと一生マクドナルド店員」は差別でない
)「父の日」の起源は「母の日」にあった!?

停電でも消えない信号、全国拡大へ 三洋の蓄電池使用

東山、佳乃が妊娠「きちんとご報告したい」
<松本人志>観客からの質問にうっすら涙「才能ある人が認められないと……」

東日本大震災(2011.3.11)
東日本大震災・2001.3.11

6月のメニュー

綾瀬はるか、堤らにドヤ顔も天然キャラで最後は謝罪 『プリンセス トヨトミ』舞台あいさつ
AKB新メンバー江口はやはりCG!パーツも判明
posted by りょうまま at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 三浦しをん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月30日

「格闘するものに○」三浦しをん

8/29〜「格闘するものに○三浦しをん2000年4月

藤崎可南子は就職活動中。希望は出版社。漫画雑誌の編集者だ・
ところがいざ活動を始めてみると、想いもよらないことばかり。「平服で」との案内に従って豹柄ブーツで説明会に出かけると、周りはマニュアル通りのリクルートスーツを着た輩ばかりだし、面接官は「あーあ、女子はこれだからなー」と、セクハラまがいのやる気なし発言。これが会社??これが世間てもの??こんなくだらないことが常識名わけ??悩める可南子の家庭では、また別の悶着が・・

格闘する青春の日々を斬新な感性ともう総力で描く新世代の新人作家、鮮烈なデビュー作。

◆可南子・・足がきれい。西園寺さんという書道家のおじーさんとお付き合い中

◆砂子と二木君・・友人

★★★

)非海江田で結集…岡田氏「描いたシナリオ通り」
posted by りょうまま at 05:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 三浦しをん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月29日

「夢のような幸福」三浦しおん

2011.8.29

8/29〜「夢のような幸福三浦しをん2003年12月

人気作家の愛と情熱と勘違いに満ちた日常・・

一章・・わが愛のバイブル

・欲望の発露する瞬間・・なぜ自分がシチュエーション(ハーレクイン的な・・)に「萌え」を感じるのか、ということを考えてみるか・・15n
posted by りょうまま at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 三浦しをん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月09日

三浦しをん「三四郎はそれから門を出た」

7/26〜三浦しをん三四郎はそれから家を出た」2006年7月

人気作家にして筋金入りの活字中毒者。三浦しをんの秘密の日常

ていていの場合、読書とはひとりでするものだろう。だけど不思議なことに、本当にひとりきりにはならない。
登場人物と一緒になって世界を退官できることもあるし、作者の言葉が胸に迫ってくることもある。
たとえ実在しない人物であろうとも、作者がとうの昔に死んでしまっていようとも。
ひとりきりでする行為のように見えて常に誰かと繋がっている。時空も虚実の狭間も超えて。(あとがきより)
posted by りょうまま at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 三浦しをん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月02日

6/30三浦しをん「仏果を得ず」

6/307/2三浦しをん仏果を得ず」2007年11月

好きが過ぎるとバカになる。でも、そんなバカならなってみたい
本を読んだら劇場へ!健大夫が待っています。兎一郎も銀大夫(人間国宝)も!

文楽の技芸員・・大夫、三味線、人形遣い、あわせて90人弱。人月ごとに東京と大阪の劇場を行き来し、合間には地方公演


健・・・・大夫。札幌の高校の修学旅行先の京都での文楽鑑賞で銀太夫師匠の語りに引きこまれ・・高校卒業後、文楽研修所へ入所。銀太夫に弟子入りして10年目。文楽とであって14年。

銀太夫・・・楽屋入りするとまずハチミツ入りヨーグルトを食べる。・・与兵衛はなんでお吉を殺したんですやろ・・その場の勢いとちゃうか。ウンコしたかったら便所に行くうあろ、それと同じや。健はすぐに動機や心理を考えるんは悪い癖や。いちいち小難しいことを考えて女を好きになるか??いくら考えてもも中の味はわからん、実際に身のうちで感じることやな。・・欲望に忠実に奔放に生きる。

兎一郎・・・30代半ば。三味線ひき。実力はあるが変人。稽古中は口を利かない・・・恋愛で男が要求される一番大切なことは??・・色気や、はっきり言えばセックスのうまさや。ミラちゃんからは「クールでかっこいい」評。

「君は自分にどれくらい時間が残っていると思う、たいした病気も怪我もせず、長生きしたとしても、あと60年といったところだぞ。たった60年。それだけの時間で、義太夫の真髄にたどりつく自信があるのか。300年以上にわたって先人たちが蓄積した芸を踏まえ、日々舞台を務め、後進たちに伝承し、自分自身の芸を磨ききる自信と覚悟があるのか・・俺たちに余計な時間はない、義太夫の奥深さと歴史に比して、一人の人間に与えられた時間はあまりに短い。その短い時間のなかで俺たちは自分の芸道を突き詰めつくしあとに続くものに伝えていかなきゃならない。義太夫を選んだものの指名だ・・168n

ミラ・・・・健がぼらんちあに逝っている小学校の生徒。3年生。

藤根先生。。ミラちゃんの担任・・そして・・兎一郎の奥さん

福子・・銀太夫師匠の奥さん

亀治・・自分の芸のためなら家族旅行なんて投げ捨てる

真知子。。ミラの母親。そして、健が一目ぼれした女性・・「恋のはじまりはいつだって一目ぼれだ」

女殺油地獄。。。あらかじめ定められた生への疑問。自分ではどうしようもない部分でなにかが決められてしまうことがある。それは仕方ないことだ。そこから自由になりきれるものはだれもいない。だけどそれは哀しみやむなしさを確実に生み出し続けている。67n


★★★

引退山本モナさん“不倫真相”最後の激白「私はやってない!」

山本モナが芸能界引退を発表 6月30日で活動に終止符
米倉&岡本“大人のカンケイ”

熱中症に気をつけましょう

<猛暑>熱中症で4人死亡 18都県で309人搬送
被災地の扇風機不足深刻、仮設住宅「蒸し風呂」
6月の最高気温続出…山梨・甲州市で38・5度
電力使用率93%超 東電管内、震災後最大4570万キロワット

東日本大震災(2011.3.11)
東日本大震災・2001.3.11

<堀北真希>朝ドラで“女性版赤ひげ”に 起用理由は「昭和のにおい」ともちんの可愛さは国宝級!美女6人が競演
長谷川潤がハワイ在住の会社員と結婚へ
posted by りょうまま at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 三浦しをん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする