2020年09月22日

武田百合子「ことばの食卓」「日日雑記」「精選女流随筆集」

2020.9.21 月 

88.ことばの食卓 意味不明や読めない漢字がたくさん!!! 昭和の初めの頃の女の子から女性の日常の姿が想像できる素晴らしい短編集だし貴重な記録にちがいない。途中、私は見てないのだが「この世界の片隅で」という映画やテレビドラマのことが浮かんだ。この二つには似ているところがあるかもしれない。

【枇杷】昼下がり 台所の食卓テーブルでビワを食べながら亡くなった夫を思い出す。ビワが好物ではなかったので余計思い出に残る。歯のない口をもごもご動かして2個食べたという。同じ時間内で作者は8個食べたそうだ。歯のない状態で物をたべることの大変さが伝わる
食べたあとは「タンと舌を鳴らし」「枇杷の入った鳩尾(みぞおち・・読めません書けません)に手を置いて」「横臥(おうが・・読めません意味は調べました)」したのだそうだ。さらに「蝮指(まむしゆび・・どんな指かぴんと来ない)」だったなあとつぶやいておわる。。エモいなあ・・と現在の言葉を使ってみました(笑)読めない漢字意味の分からない言葉が多いけれど、調べつつ読み進めていくのも楽しいものです。

【牛乳】イメージでは作者小学生前半のころのお話、あたためた牛乳を飲まなければならない苦痛の話〜牛乳配りの話へ。牛乳配りって牛乳を配達する人、今は日常の風景ではない、さらにこの牛乳配りは、現在だったら「幼児へのわいせつ行為の罪」等で逮捕されちゃいそうな男だ!!恐ろしや・・最後、母が亡くなっていない作者たち子どもを面倒見てくれているおばあちゃんによるちょっかいをだしまくり「たいがいにおし」と叱られておわる・・短いお話なのに、温かい牛乳をのむ場面では気持ち悪くなり、牛乳配りの話の最中には不気味さや恐怖心がわいてきて。。でも最後はちょっと笑えて終わる・・感情の動きが激しくさせるってすごいな

【続牛乳】まだ牛乳話続くんかい!!と突っ込むが、読み終えて、物悲しい話だと暗い気持ちになる。時は終戦の前1944年、作者が学校事務員として働いている、弟二人は中学生で、肺病で死期間近の父がいる。。同僚の山本さんから牛乳をいただく話。最後「牛乳をだまし取ったうえにいじめたのだ」とある。2度読んで、「だまし取った」というのは理解できたが「いじめた」というのがどういうことかまだわからない

【キャラメル】昭和10年前後、作者小学生、夏休みのお話。夏休みは湘南の家に滞在していたそうだ。なんと贅沢でうらやましいことだ。湘南の家での過ごし方をつづっている。こののち、戦争が勃発するのだが、当時まだその気配はないけれど、兵隊さんの姿などから不穏な空気も感じていたのではないかとも想像する文章。「紫色の唇をわなわなさせながら握り飯をほおばる」とあるが、たしかに、子供の頃、夏休み終わりに近いころ、最後の行事にと海水浴に行くと、寒くてぶるぶる震えたことを思い出した(で、それを悟られないように隠すのだ・・来年も寒くたって海水浴に期待から)

【お弁当】小学生の頃のお弁当にまつわるお話。。お弁当箱の素材はアルミニューム(梅干しを入れると穴があいちゃうというものか?)包むものは新聞紙。驚くことに、天皇陛下や皇后陛下の写真がでているシンブンガミではつつんではいけないという指導があったらしい。本当にびっくりする・・小学生の女の子は疑問ももたずおばあちゃんに包まないようにと訴える、おばあちゃんは「はいはい」と答える。。おばあちゃんはそういう決まり事をどう思っていたんだろう。お女郎さんのエピソードも出てくる。

【ひな祭りの頃】百合子さん小学生のころのお話。お雛様が3組あった、母、姉、百合子さん。2月20日過ぎころに出して飾り、3月3日が過ぎると片付けるのはおばあさんの仕事。さぞかし大変だったろう。おばあさんが親類宅に引き取られお雛様は飾られなくなり、戦争がはじまるとお雛様は売ってしまった・・物悲しいんだけどオチで笑わせる。可笑しいんだけど、物悲しさは増すんだなあ。



2017.1.18

19.精選女流随筆集(2012)

2015.8.17(月)〜8/22読了

86・日日雑記(1992)

通信販売、水族館、美空ひばり公演、愛猫の死…世事万端に興味をもつ天性の無垢な芸術者が、身辺の出来事と折々の想いを、時には繊細な感性で、時には大胆な発想で、丹念につづった最後のエッセイ集。
Amazon.co.jp: 日日雑記 (中公文庫): 武田 百合子: 本

P183・・東京の雨は天からまっすぐにサーサーと降りますが、ここの雨はいったん木の枝葉に振って、そこからぽたりぽたりとしずくが落ちる、これが底なし陰気の原因ですなあ
posted by りょうまま at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック