2019年06月10日

岸本葉子「575朝のハンカチ夜の窓」「二人の親を見送って」

2019.6.8〜

74. 575朝のハンカチ夜の窓(2017)・・俳句を始めるんだけど・・作れてないの・・( ;∀;)

2015.8.16(日)〜

85.二人の親を見送って(2015.5)
老いの途上で親の死は必ず訪れる。介護や看取りを経て、変化するからだとこころ、人と自然のつながりを優しく見つめ直すエッセイ 老いの途上で、親の死は必ず訪れる。介護や看取りを経て、からだとこころは揺れ日々の生活や旅、食事に対する趣も変わる。人と自然のつながりをやさしく見つめ直す。感動のエッセイ。
Amazon.co.jp: 二人の親を見送って: 岸本 葉子: 本

紹介されていた本

佐藤愛子「かくて老兵は消えてゆく」(文塾春秋)

田口ランディ「パピヨン 死と看取りへの旅」(角川文庫)
posted by りょうまま at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック