2011年08月30日

「格闘するものに○」三浦しをん

8/29〜「格闘するものに○三浦しをん2000年4月

藤崎可南子は就職活動中。希望は出版社。漫画雑誌の編集者だ・
ところがいざ活動を始めてみると、想いもよらないことばかり。「平服で」との案内に従って豹柄ブーツで説明会に出かけると、周りはマニュアル通りのリクルートスーツを着た輩ばかりだし、面接官は「あーあ、女子はこれだからなー」と、セクハラまがいのやる気なし発言。これが会社??これが世間てもの??こんなくだらないことが常識名わけ??悩める可南子の家庭では、また別の悶着が・・

格闘する青春の日々を斬新な感性ともう総力で描く新世代の新人作家、鮮烈なデビュー作。

◆可南子・・足がきれい。西園寺さんという書道家のおじーさんとお付き合い中

◆砂子と二木君・・友人

★★★

)非海江田で結集…岡田氏「描いたシナリオ通り」
posted by りょうまま at 05:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 三浦しをん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック